【新刊】『脱プラスチックへの挑戦 持続可能な地球と世界ビジネスの潮流』(山と渓谷社)

当会副会長の堅達 京子氏+BS1 スペシャル取材班による新刊『脱プラスチックへの挑戦 持続可能な地球と世界ビジネスの潮流』が、来る2020年1月17日(金)、山と渓谷社より刊行されます。是非ご一読ください。

ご購入は以下のサイトから

山と渓谷社
https://www.yamakei.co.jp/products/2819310410.html

Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4635310418

内容紹介

あなたは毎週5グラムのプラスチックを食べている。

WWF の資料によると、年間250 グラムの「マイクロプラスチック」を水や塩、海産物などから摂取しています。生態系への多大な影響も報道されている中、EU では「脱プラスチック」が企業・政治・市民を巻き込む大きなうねりとなっています。
企業の動きから市民としてできることまで、「脱プラスチック」についてわかりやすく解説します。

今、ストローやレジ袋の禁止など、使い捨てのプラスチックをやめようという動きが加速しています。ウミガメの鼻に刺さったストローや、クジラのお腹から出てくるビニール袋といったショッキングな映像が世界を動かしたのですが、理由はそれだけではありません。
石油という化石燃料から作られるプラスチックは、大量生産、大量消費の現代文明の象徴。実は、こうした私たちの文明そのものを、急速に“循環型”で“脱炭素”の経済に作り変えていかなければ、“地球が持たない” ほど温暖化が加速していることが背景にあるのです。

EU などはそのことに気づいて、このパラダイムシフトをビジネスチャンスに変えようとしています。日本企業、この大転換をビジネスチャンスに変えることができるのか。
そして私たちにできることはなにか?

NHK BS1 スペシャル「“脱プラスチック”への挑戦」のプロデューサーが、映像化されなかった数々の貴重な証言や驚きの事実を伝える警鐘ドキュメント!

書誌情報

* 単行本(ソフトカバー): 296 ページ
* 出版社: 山と溪谷社 (2020/1/17)
* ISBN-10: 4635310418
* ISBN-13: 978-4635310413
* 発売日: 2020/1/17
* 判型: 四六並製