◆7月の定例研究会

総会と同時開催の研究会について、詳細をご案内します。
★参加ご希望の方は、予めお知らせください。

7月5日(木)19:00−20:30

テーマ:安田陽・京大特任教授に聞く/「送電線の空き容量と再生エネ問題」はどうなったか?
~空き容量が増えた会社、逆に空き容量が減った会社も。

講師:安田陽・京都大学経済学研究科特任教授。エネルギー戦略研究所・研究部長

場所: GEOC(環境パートナーシッププラザ、表参道)

日本では、再生エネの発電所の建設を計画しても、「送電線が満杯だから、接続できない」と電力会社から断られることが多い。しかし、昨年秋から今年はじめにかけ、安田陽・京大特任教授らは、実際に送電線を流れている電気のデータを分析して、「日本の送電線は、実は大きく空いている」と公表し、大きな話題となった。再生エネ事業者からは、「本当はどうなんだ?」との疑問が寄せられた。
これに対して、 OCCTO (電力広域的運営推進機関)が、「平均ではなく瞬間値で見ないと分からない」「公表していたデータに誤解を招く表現があった」など、かなりあわてた対応になった。
その後どうなったか?各電力会社は、 OCCTO の指示に従った「想定潮流合理化」を進めつつある。まだ対応はばらばらのようだ。現状と将来見通しを、安田教授に聞く。

★上記は、会員以外でもご参加いただけます(非会員1000円)。

◆総会

7月5日(木)18:30−19:00

※会員の方で総会に参加できない方は、「委任状」の提出をお願いします(メール記載OK)。
※準会員、学生会員の方は、委任状提出は不要です。

場所:いずれもGEOC(環境パートナーシッププラザ、表参道)
★参加希望の方は、資料等準備の都合上、必ずJFEJ事務局にご連絡をお願いいたします。