気候変動、エネルギー問題に対応する市民力の育成
-SDGs達成に向けた地域/ESDの可能性―

日本では、SDGsの推進に向けて、
省・再生可能エネルギー、気候変動対策、循環型社会等を含む8つの優先課題が挙げられています。
地方自治体が環境・経済・社会の3つの視点から持続可能なまちの将来像をつくり、
地域の持つ可能性をどのようにひきだすのか、
また市民力の育成にESDはどのように貢献できるのかについて議論します。

日時: 2018年10月28日(日) 13:30-16:30
会場: 立教大学 池袋キャンパス 7号館7101教室
入場無料、要事前申込

基調講演:
井田 寛子/気象キャスター・気象予報士(*略歴を末尾掲載)

登壇者(敬称略・順不同):
水野 雅弘 /SDGs.TV(株式会社TREE)代表取締役
堅達 京子/NHKエンタープライズ エグゼクティブ・プロデューサー
阿部 治/立教大学ESD研究所所長 社会学部・同研究科教授

申込先: 日本環境ジャーナリストの会HPの申込みフォームからお申し込みください。
申込みフォーム(https://business.form-mailer.jp/fms/a2356a9792523

問合先: 立教大学ESD研究所
TEL・FAX:03-3985-2686 E-mail:esdrc ● rikkyo.ac.jp (●には@アトマークが入る)

主催:
文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「ESDによる地域創生の評価とESD地域創生拠点の形成に関する研究」(研究代表者・阿部治)
立教大学ESD研究所
ESD地域創生研究センター設置準備室
日本環境ジャーナリストの会

右をクリックすると案内チラシがダウンロードできます。→ 1028flyer_1016
(チラシを一部修正しました。2018.10.16.)

*井田 寛子さん略歴
気象キャスター・気象予報士。
筑波大学第一学群自然学類化学科専攻。宇宙化学研究室卒業。
製薬会社勤務の後、NHKキャスターに転身。
静岡放送局、首都圏センターに勤める間、気象予報士の資格を取得。
気象キャスターとして大阪放送局へ異動、東日本大震災の年2011年~2016年NHKニュースウオッチ9、2016年~2017年TBSあさチャン出演。現在はNHKラジオ山カフェパーソナリティ、筑波大学非常勤講師。
地球温暖化の対策を呼び掛けるため、出前授業や講演活動、2014年にはニューヨークで開かれた国連気候サミットに参加。
著書に「気象キャスターになりたい人へ伝えたいこと(成山堂書店)」
趣味はヨガ(全米ヨガアライアンス200取得)、ランニング、ダイビング、野菜料理(野菜ソムリエ)。