「会員レポート」のページに、準会員の腰塚安菜さんによるレポートを掲載しました。

以下、地球・人間環境フォーラムの中村洋さんからの案内告知を残します。

メディア向けのSDGsワークショップのお誘い

6/26、6/27とインター・プレス・サービスと国連財団が主催し、国連大学、国連広報センター、当財団等が協力し、国連大学にてSDGsに関するワークショップを開催することになりました。
特に6/26(月)にはジャーナリスト、メディアの方々とSDGsの報道のあり方、報道の事例、各主体とメディアとの連携のあり方について講演やディスカッションを行う予定です。
2030年までの国際的な目標であるSDGsについて、ジャーナリストやメディアの方々の影響を大きいと考えておりますので、貴殿にも是非ともご参加いただければ考えております。詳細は別添チラシとプログラムをご参照ください。
ご多様なことと存じますので、終日の参加は難しいかもしれません。一部のみの参加でも結構ですので、ご検討よろしくお願いいたします。

申込先:sdgtokyo ● ips.org (●に@を入れる)
メール記載内容:名前、肩書、所属、メールアドレス、電話番号

<主催者の概要>
【インター・プレス・サービス】ジャーナリストによる国際的な営利組織。本部:ローマ、会長:Farhana Haque Rahman。Webサイト:http://www.ipsnews.net/
【国連財団】国連の活動を支援する非営利組織。本部:ニューヨーク、理事長兼CEO:Kathy Calvin。Webサイト:http://www.unfoundation.org/

<JFEJとの関わり>
JFEJ会員の堅達京子さんが6 月 26 日のワークショップで主要テーマを扱う最終セッション(テーマ: SDGs 推進のためのメディアの役割)で講演され、討論に参加されます。

<SDG sとは>
2015 年 9 月、ニューヨークで開催された「国連持続可能な開発サミット」において、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための 2030 アジェンダ( 2030 アジェンダ)」が採択されました。 2030 年アジェンダは「誰一人取り残さない( No one will be left behind )」を理念とする、 2030 年にかけての持続可能な社会を実現するための世界的な目標です。「持続可能な開発目標」( Sustainable Development Goals : SDGs )は、 2030 年アジェンダの指針であり、持続可能な社会を実現するために重要な要素を示しています。 SDGs の特徴は、その前身である MDGs (ミレニアム開発目標: Millennium Development Goals )と比較すると分かります。 MDGs は開発途上国を対象とし、貧困、飢餓、乳幼児等の死亡率などの人の命や人権を守る 8 つの目標で構成されてしたのに対して、 SDGs では先進国も含む世界全体を対象とし、 MDGs が対象とした目標に加えて持続可能な生産や消費、パートナーシップなどの世界に共通する 17 の目標と 169 のターゲットで構成されています。

<ワークショップの趣旨>
持続可能な社会づくりに向けた世界的な目標である SDGs を進めるには社会的な協働や市民参加が不可欠です。そのためにはメディア・報道の役割が重要であることから、今どのように SDGs が報道されているのか、成果と課題、教訓は何かを共有し、今後のメディア・報道の役割、あり方を考えます。

 

中村洋
地球・人間環境フォーラム